線番処理

SchemELECTは複数の線番自動作成モードを提供します。
-自動モードは、プロジェクト全体を通して、線番を作成します。
- 線番の振り方に関する設定も豊富です。パラメーター変数として、図枠記載のシートナンバーやカラムナンバー、電位や電圧の値、PLCの信号名称などをワイヤーモードか電位モードで用いることができます。
-固定文字や数値を用いる場合、半自動・修道モードを使用できます。
-プロジェクトの進捗に応じて、プロジェクト全体で振られた線番を保持し、必要な部分だけを振り、変更できます。