ディジタルファクトリ

デジタルファクトリーは、製造業に於けるデジタルなデータやモデル、それに基づき製品の製造プロセスの可視化と解析の手法を用いて、非常に柔軟な製品生産プロセスの合理化、生産性・稼働率の改善を推進するしくみです。
製造プロセスの各段階はデジタル・データ化され、短期間化、低コスト化の実現と同時に、デジタルツインを用いることで、納入先ユーザは提案段階から完成品の姿を把握することでき、異なるソリューション案の比較や技術から営業的な調整など、実物が完成前にほとんどの仕様を決めることがきます。
三次元モデルの状態で製品に於けるシミュレーションや承認プロセスを行えます。

そのプロセスの一貫として用いられる3DモデルをSchemELECTが提供します。盤単体から設備、工場の建屋全体のモデルを活用し、他社モデラーソフトウェアーのSolidworksT™、Catia™、Creo™、SolidEdge™や Autodesk社製品に使用できます。