電気設計プロジェクトに最適な

CADソフトウェアとは?

 

今日、技術ドキュメント作成支援ソフトウェアに於いて、簡単な機能の身を有するフリーソフトから、高性能な製品、様々な製品が存在します。

 

その選択の際に注意しておかなければならない点の中で、下記はの重要な要素が挙げられます。
  • 機能性に於ける検討要素
  • 操作性に於ける検討要素
  • 企業背景に於ける検討要素

 

機能性に於ける検討要素
  • 回路図に関する機能は迅速かつ正確な回路図作成を可能にしなければなりません。(容易にコピー・貼り付けや記号回転、配線切断など)
  • 接点自動リファレンスやページ間渡りの自動アドレス表記の他、端子台やケーブル表自動作成、配線の自動線番、部品表自動作成、PLCとのインタフェース連携は電気CADソフトウェアに止まられる必須機能と言うっても過言ではないでしょう。
  • データ読み込み・書き込みは簡単で、豊富なフォーマットを対応しなければなりません。(PDF™、Autocad™, Excel™、pngやjpg形式の画像データなど)
  • 電気機器メーカの情報を格納する部品マスターデータベースは自社仕様に簡単にカスタマイズでき、更新できなければなりません。
  • 回路図と連携し、端子台やケーブル関連情報の機能は作成・更新に於いて力を発揮しなればなりません。

 

操作性に於ける検討要素
  • CAD製品は簡単に取得でき、高い柔軟性を有する必要があります。
  • シンボル(図記号)や図面枠、部品マスターデータベースと電気機器3Dモデルは簡単にカスタマイズできることも重要です。
  • 操作取得に必要なトレーニング日数は3日程は妥当と考えられます。多くの場合に於いて、長いトレーニングはその教育実施後運用面での操作の複雑さをも意味します。

 

企業背景に於ける検討要素
  • 歴史の長い製品、企業が望ましいでしょう。
  • サポートサービスに於いて、海外体制に依存せず、ローカライズされていサポートサービスも重要な条件でしょう。
  • サポートサービスは早急なご回答や技術情報を提供することが求められます。
  • トレーニングもスペシャリストで対応しなければなりません。

 

最後に、CAD製品の採用は、立ち上げから運用でその使用率、長期スパンに於いて企業力向上を想定して行わないましょう。
1時間程度でのプレゼンテーションで当社製品を用いてどのようにお客様のご要望を実現できるかを分かりやすくご説明いたします。
最適な機能の商品、信頼できるサービスを手ごろな値段でご提案いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

当社FTZは、電気制御設計統合CADシステムSchemELECTを提案しております。
 

solfab